ヘアアレンジ

ウィッグのアレンジ、自分でやってみよう

ウィッグを購入して使っていたけれど、だんだん飽きてきてしまった…ということもあると思います。
でも、新しく買いなおすと当然ツヤ感は新品に戻ってしまうし、髪の色が自分の髪の色とぴったり合うものかどうかわからないし、自分になじむまでまた時間がかかる…なんて思うこともきっとありますよね。
そんなときは、自分でウィッグのヘアチェンジをすることも可能です。

 

思い切ったカットをしてみると、印象も大きく変わります。自分でカットしてもいいのですが、失敗が不安な場合は美容院に持って行って切ってもらうこともできます。
ただ、美容師さんに頼む前は、ウィッグのカットは可能かどうかをあらかじめ問い合わせておくといいでしょう。

 

また、人毛ウィッグであればカラーリングやアイロン、カーラーもできるものがほとんどです。
自分のお好みのヘアスタイルに変えてしまえば、使い勝手や髪色を気にすることなく使えますね。

 

ただ、人工毛ウィッグはカラーリングはできません。
アイロンやカーラーはだいたいできますが、温度が180度前後までとなります。
それ以上は人工毛が傷みますので控えましょう。

 

今度はこんな髪型に…と思ったら、自分でアレンジできるのもウィッグのいいところですね。

 

>>パーティードレス通販|おすすめ激安ショップ3【結婚式OK】に戻る

ヘアアレンジ特集記事一覧

ウィッグを使うシーン

ファッションのために使うことが多いと思われがちなウィッグですが、実はそんなこともありません。もちろんファッション性が高いので気軽に使えるものなのですが「自分で結ったりセットしたりするのには難しい髪型もできる」というところがメリットなので、そこを最大限に生かしましょう。たとえば、結婚式に呼ばれたときな...

≫続きを読む

取り付けいろいろ・小さめウィッグ

ハーフウィッグ・ポイントウィッグは、取り付け方もいろいろ。フルウィッグは難しそう…と思う人でも、ハーフウィッグやポイントウィッグなら簡単に取り付けられますから、いろいろな種類のウィッグを集めたくなりますよ。たとえば、ポニーテールスタイルなどに多いキャップタイプは、お団子にした部分にかぱっと被せてクリ...

≫続きを読む

ウィッグで手軽に簡単にヘアチェンジ!

普段はショートヘアが好みだけど、たまにはロングヘアを楽しんでみたい!ワンポイントで違うカラーを入れてみたい!印象の違う前髪にしてみたい!お気に入りのカラーにしたいけれど、会社でヘアカラーは禁止されている……でも、自分の髪の毛を一気に伸ばしたり、そのときの気分だけで短く切ったりカラーを入れたりすること...

≫続きを読む

ヘアカラーの退色防止におすすめの商品

私は髪の毛をカラーリングしているのですがすぐに色が抜けて、明るく、黄色っぽくなってしまうんです。茶髪でお手入れが行き届いてないとちょっと汚いですよね。でも毎回全体カラーをすると髪が痛むのでどうしたものかと思っていました。そこで見つけたのがトリートメントしながら髪が染まっていく「イオンカラー」というも...

≫続きを読む